合宿免許のときの持ち物について

バナー

合宿免許のときの持ち物について

合宿免許というのは、その名のとおり、合宿をしながら運転免許証を取得しようとするものですので、当然ですが、それなりの準備が必要となります。

合宿免許における合宿の期間ですが、一般的なオートマチック車の運転免許であれば、だいたい2週間程度となっていますので、2週間の生活に支障のないような持ち物が必要であるということになります。



学科教習に必要な鉛筆や消しゴム、ボールペン、メモ用紙、技能教習に必要な運転に適した服装や靴などはもちろんのことですが、それ以外としては、部屋着や外出着などの着替えが必要となるでしょう。


しかし、合宿免許で宿泊する施設にもよりますが、通常は施設の内部、あるいは施設のごく近くにコインランドリーがありますので、あまり大げさになるのではなく、洗濯で着回しができる程度の服装の準備ということでよいでしょう。
ホテルの場合には部屋着のようなものは備え付けがあるのが普通ですので、さらに持ち物は軽くなるかもしれません。



また、合宿免許での食事に関しても、食堂やレストランでの3食付きというのが一般的で、場合によっては部屋に自炊設備があるために、食材は現地調達で自炊で対応という場合もありますが、あまり持ち物として買い込むということは想定しなくてもよいでしょう。

免許合宿といえば情報満載のサイトがたくさんあります。

ほかにも友人との外出などに備えて、交通費相当のお金や、おみやげを買ったり外食をしたりする程度の現金は持っていたほうがよいですが、それ以外は気にする必要はありません。