合宿免許の代金のローンによる支払い

バナー

合宿免許の代金のローンによる支払い

合宿免許のプランに申し込みをする場合には、相応の代金をあらかじめ準備しておかなければなりません。


合宿免許の料金には、教習代そのもののほかにも、テキスト代、各種試験の受験料のほか、ホテルや寄宿舎などに宿泊するための宿泊代、朝昼晩の食事代なども含まれているため、オートマチック車の自動車運転免許のコースであれば、最低でも20万円台、通常は40万円程度は見込んでおいたほうがよいでしょう。



しかし、実際に合宿免許のプランに申し込みをするのは学生の場合が多いため、両親がお金を負担してくれる場合を除いて、これだけの大金をすぐさま準備するのは難しいという場合もあることでしょう。



そうした場合に便利なのが、ローンを組んでいったん代金を金融機関やローン会社に支払ってもらい、本人はあとから分割払いで対応するという方法です。

こうした方法であれば、申し込み時点でお金がなかったとしても、合宿免許に参加することは十分に可能となりますし、それぞれのドライビングスクールでは、金融機関やローン会社と提携して、合宿免許専用のローンなどを準備していることも多いため、悩むよりもまずドライビングスクールに相談してみるのもよいかもしれません。



ただし、ローンによっては18歳、20歳といった一定の年齢に満たない人が申し込みをする場合、保護者の同意が必要となってくることがありますので、内容をよく確認した上で、あらかじめ家族で話し合いをしておいたほうがよいでしょう。