合宿免許の荷物を事前に送付する

バナー

合宿免許の荷物を事前に送付する

合宿免許の場合、オートマチック車限定のコースであったとしても、だいたい2週間程度はホテルや寄宿舎のようなところに泊まりこみで、毎日教習を受けるということになります。
そのため、ある程度の分量の着替えなどは用意しておかなければならないでしょう。


もちろん、ホテルや寄宿舎などにはコイン式の洗濯機や乾燥機が備え付けられているのが普通ですので、2週間毎日の分の着替えが必要というのではなく、洗濯をしても余裕がある程度の最低限の着替えがあればよいのですが、それでも荷物としてはたいへんな量になってしまいます。



特に、合宿免許の会場が、自宅から遠くはなれたところにあるという場合には、移動をするだけでも疲れてしまいます。



こうした場合に備えて、合宿免許のプランでは、宅配便で自宅から荷物をあらかじめ送付することができるというサービスをもうけているのが普通です。
あらかじめ送付してしまえば、当日は重い荷物を運ぶこともなくなり、かなり便利なサービスですので、積極的に利用するとよいでしょう。



ただし、実際に荷物を送付する宛先は、合宿免許で宿泊することになるホテルではなく、合宿免許を主催しているドライビングスクールの住所ということもありますので注意してください。

また、単に送付しただけでは誰の持ち物かがわからなくなってしまいますので、何月何日からはじまるコースかということと、所有者の住所氏名はかならず荷物の表面に記載しておくことになりますので、忘れないようにすることがたいせつです。